横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

高校サッカー選手権神奈川県大会準決勝。

こんにちは!
曽谷です!

快晴ですね!


少し時間が経ちましたが先週の土曜日に神奈川県の高校サッカーを球場まで行って観戦してきました!
というのも、対戦カードである湘南学院vs桐蔭学園の湘南学院のキーパーがGSのOBだったのでその応援に行ってきました!!

試合結果から言うと1-5で湘南学院が負けてしまったのですが、前半13分のビックセーブ、キックの迫力、初めてその子のプレーを観させていただきましたが、本当に良く頑張ってました。
失点はキーパーがどうにかできるものじゃなく、そんな中でも見せ場となる場面ではしっかりと対応して、ハイボールに対しても形はどうあれ前に出て何度もチャンスを潰していましたね。

誰が見ても明らかに差があって、能力通りの展開だったと感じました。
ですが、結局なにが違いなのかと言えば、『決めるべき所で決めるか決めないか』だったと思います。

正直、湘南学院の個もなかなか面白いものがって、再三桐蔭学園ゴールを脅かし、かけましたが、かけただけ。
枠にシュートが飛ばない、ラストパスがシュートに直結しない。

決めなきゃいけない場面で決めていれば、5-6くらいの良い勝負になっていたと思います。
でもやっぱり差が開くのはそういう所だと思います。


でも、最後に返した1点。
これは本当に大きな意味を持ちます。


桐蔭学園は交代枠をフルで使ってくるほど選手を変えた中での得点でしたが、0-5と1-5では大きく違います。
そして最後の最後に1点返したという高校サッカーマジックでもあります。

後輩たちはこの1点を忘れないでしょう。
チームメイトはこの1点を一生の宝にしていくでしょう。

成長という過程の中で、毎日毎日コツコツ伸びていくものもあれば、この1点のように、新しい特殊な芽を生やすこともあります。

高校3年間。
喜怒哀楽のすべてが詰まった青春という名の花壇ので、最後の最後にまた一つ大きな可能性を残し、与えました。

点差は関係ないです。

ここから、また何かが始まって、いつか、あの日の悔しさが自分の芯となって、強く、太い人間に育っていくでしょう。


本当に素晴らしい試合でした。

是非またみんなGSに顔出しに来て下さいね。

お疲れ様でした。


[PR]

by yokohamagsfc | 2017-11-29 11:41 | Comments(0)
<< 勉強する理由。 日本代表。 >>