人気ブログランキング |

横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

言刃。


こんばんは、曽谷です。




今日はとっても苦しいニュースが流れました。





原因や要因を探せばいくらでも出てくるし、タイミングもあったのだろうと思います。






直接関わっていた訳ではない事で、これほど衝撃的で精神的に感じるニュースは初めてで、なんか嫌な気持ちになってしまいました。







タイトル通り、言葉は言刃に成りうる可能性を強く秘めていると感じました。





この話をつらつら書く事も出来ますが、そんな暗いニュースを暗い話で引っ張るなんてしたくないから、明るい気持ちに変えたいと今、書き込んでいる曽谷です。











こんな状況で、色んな情報をいつでも手に入れられる世の中ですから、家でジッとしていなければいけない人達は、溜まったストレスのはけ口を探しているのでしょう。









こんな時だからこそ、やっぱりスポーツの力が必要なんじゃないかなって感じたりします。








学業が優先だからと、スポーツの必要性が薄まり、形態や形式が変わるかもしれないと耳にします。








”閉鎖的な空間で過ごす幸せ”を感じる人もいる、自粛によって新しい気付きや大切な事に気付く・思い出すきっかけになった人もいる、けどやっぱり思いっきり身体を動かす喜びや充実感、達成感に勝てるものは無いんじゃないかなって思っている自分がいます。









スポーツは犯罪抑止に繋がっていると読んだ事があります。








私は、繋がっているのではなく、繋げていくべきだと思っています。









心は脆く壊れやすい訳ではないと思う。
ただ、言葉がそれをはるかに上回っているんだと今日感じました。







言葉で、こんなにも人は傷つく事を何度再確認させられて、また思い知らされて、なぜか自分も少し悲しくなって。









スポーツってほんと良いですよ。







苦しい事も間違いなくありますけどね、根本はやっぱり楽しむ事だし、小さければ小さいほど、みんなずっと笑ってます。







大人になるにつれて、少しずつ苦しみや辛さに耐えながら輝きを増していく事になれ、スポーツを心の底から楽しむ事を忘れてしまい、気付けばみんなこんなにも素晴らしい活動から離れていく。








プロでもない社会人になってもサッカーを続けている事を馬鹿だと思いますか?






いや、そこははっきりと否定させてほしい。





ほんとに、ただただ楽しいんですよ。







一周回って?険しい目標が無くなったから?目的が変わったから?






それも少なからずあるかもしれませんね。







でもきっと違うんですよね。









本来の姿に戻ったというか、やっと戻って来れたというか。








今、一番楽しいですよ。








たまたま出会ったこの横浜GSFCというチームで、幼い頃からサッカーさせてもらって、色んな経験してきて、今もまたこのチームに帰ってきて感じ続けている感情は、『本当にサッカーが楽しい』って、それだけ。






それだけだけど、素晴らしいってはっきり言える。






もうそろそろみんなに会えますからね、そういう気持ちをまたずっと伝え続けていかないと。






勝負事でもあるけど、それは楽しむための一つの手段だから。






改めて、私は幸せですよ。


早くサッカーしたい!
早くみんなに会いたい!!


それに尽きますね!!!!




# by yokohamagsfc | 2020-05-23 19:20 | Comments(0)

ヒトトヒト。

こんにちは。
曽谷です。






”正解は無い”

という話をよくさせて頂いております。







2+2=なんですか?









国語←何と読みますか?






H₂O←これはなんという化学式ですか?





I have a pen=日本語に訳すと?





現在の総理大臣は誰ですか?





この文章たちには答えがありますか?


間違いなく存在するでしょう。







じゃあどこに正解はないのか?








正解に辿り着くまでの過程に正解はないと、そう感じます。











2+2が4である事、もしかしたらそうじゃ無いかもしれない事もある。
けどこの問題が学校で出た場合は4が正解であると思う。





『国語』これを日本の学校で答えるとしたら”こくご”で合っているでしょう。







他の問題も全て、誰かが作りだした問題であるからその人の答えである正解が存在する。






他の場所で他の人達に聞いたら”それは違う”と言われてしまうかもしれない。









ただどちらにせよ、その答えに辿り着くまでの過程に興味はなく、結果だけを判断され、点数がつけられる現状が多いですよね。










『頭が悪い』といわれる子がたくさんいます。





本当にそうなのか?





『テストで点数が獲れない』だけではないのか?





『授業中一生懸命やっていない』子ではないのか?





『勉強より費やしているモノがある』だけではないのか?









言葉ってすごく大事だと思います。










”言葉を変えて前向きに捉えるだけで改善される事ではない”と思われるかもしれない。










成績オール1を取ってきた我が子に『それじゃ高校行けないぞ』って伝える。







でも、『頭の悪い人たちが集まる高校にしか行けないぞ』『働かなくちゃいけなくなるかもしれないぞ』『誰でも入れる高校しか行けなくなるぞ』『自分のやりたい事が出来なくなってしまうぞ』と言い方を変える事はいくらでも出来る。






どれがその子に響くのか?正解は一つじゃありません。






人と人との関係に正解は一つじゃない。






機械を相手にしているなら、正解はただ一つと決まってくるかもしれない。








でも相手が人であるならば、正解は一つじゃないし、もしかしたら正解はないのかもしれない。







じゃあどうすればいいの?って
正解がないなら何を答えてもダメなの?って







正解はないんだから、一緒に問題を考えて解いていければそれだけ良いのではないかと私は思う。







互いの考えを伝えながらぶつかりながら、一緒に歩いて行ければ良いと思う。






誰かの意見に違和感を感じた時、否定する前に、なんでそう思ったのか?聞いてみてから自分の意見を伝えれば、自然と否定はしていないはず。










今は自粛期間だから家にずっといる事でしょう。







『今のうちに勉強しておきなさい』と誰しもが思う。






そこでずっとゲームをしている子を見ると、『いつまでやってんの勉強しなさい』と否定したくなる。




ずっとテレビを観ている子を見ると、『いつまでテレビ観てるの勉強しなさい』と否定したくなる。






その前に一度聞いてみて欲しい、『なんでそんなにゲームやってるの?』そうすると答えるでしょう『楽しいから』と。






逆にね、勉強大好きで、ゲームやってる時間と同じくらい友達とも遊ばず外でも遊ばずずっと家で勉強している子が我が家にいたらなんて言いたくなりますか?




『たまには外で遊んで来たら?』『友達と遊んで来たら?』って言いたくなりませんか?



すると言うでしょう『別にいいや勉強楽しいから』





正解なんてないのに、自分が作った問題の正解を答えさせようとしていませんか?









ちゃんとしてると言われている子は、一日何時間勉強して、何時間ゲームして、何時間遊んでいいと決まっている事なのか?
ちゃんとしてると言われている子は、どれだけゲームしてても成績優秀で遊びまくっていてもテストの点を獲ってくる事なのか?







やっぱりこれは人それぞれの価値観の違いだったり、生活環境の違いだったりする訳です。



これは自分だけでなく相手にもそれはあります。










マイペースな人、負けず嫌いな人、猪突猛進な人、何考えてるか分からない人、怒りっぽい人、無気力な人、などなど、色んな人がいる訳で、それを一番分かっているのは家族だと思うし、家族であってほしいと思う。



親しい友人かもしれないし、恩師と呼ばれる人なのかもしれないけど、自分の事を一番分かっているのは、自分ではないと最近よく思います。




自分の事って自分であまり考えてなくないですか?





そういう人もいるのは事実ですが、たぶん自分の親の方が絶対自分の事を考えてくれているなぁって思うし、私自身も自分より違う誰かの事を考えている時間しかないと感じるから。










でもね、自分が連れて行きたい目的地まで、前を歩いて舗装して引っ張っていったって、いつか一人になった時、困るのはいったい誰なのか。







前を先に歩いて道を造っておいてあげる事なのか、隣を歩く事なのか、後ろをついて歩く事なのか、遠くで見守ってあげる事なのか、それさえも正解はありません。






引っ張って行ってあげる事が必ずしも悪いとも限りませんしね。






ほんとにそれは分からない。

幼い頃から嫌々やらせていた事が大人になって報われて、大人になって親にやっと感謝する事になるかもしれない。








一概に何が正解かなんていうのは無いと思うから、人と人が関わる過程には無限の選択肢と可能性が言葉によって存在するという事。







その組み合わせ次第で人生が大きく左右されたり変わっていくこともあるという事。










何が正解か分からないのだから、否定から入ってはいけない。





何事にもメリットデメリットは存在するから、ちゃんと理解させてあげる事が大事だと思う。




なんでこうなるのか?
それをしないとどうなるのか?




後はその人の人生ですから、自分で決断して歩いて行くべきだと思いますね。


# by yokohamagsfc | 2020-05-21 11:42 | Comments(0)

イノベーション。


こんにちは、曽谷です。

今日はこちらの試合を是非見ていただきたい↓

2017年のA代表国際マッチ
~日本代表vsブラジル~
フル動画です

https://www.youtube.com/watch?v=9VVVZW9_wNM


面白すぎて観る要素しかないです。

特に前半はフルメンバーでの本気モード状態なのでブラジル凄すぎます。。。

今まで観てきた中で、私が伝えたい要素がたくさん入っている動画です。


日本代表がこれほど下手に見えてしまい、何も出来ないで終わるのは本当に残念ですが、それほどの差と、圧力に屈してしまっています。。。

前半、日本側のラインズマンのジャッジミスで何度か救われていますが、それが無ければもっと失点しています。

ブラジルが圧倒した前半はタレントが多かった事も大きな要因ではありますが、①逃げ道②駆け引きが本当に凄いなと。。。

この二つって最重要視される事ではないですが、僕は『ボールを持ってい無い時』の質を上げていかないと『ボールを持っている時』のプレーは良くなっていかないと思っているので、とても勉強になる動画だなと感じました。

特に①逃げ道というのは本当に大事だなと感じさせられます。


是非みなさん、観て感想を頂けたらまた勉強になります!!






という事でここからは全く関係の無い話をします。。。




先日、ズーム飲み会をさせて頂いた時に、仕組みの話とでもいうのか、組織を作る中で簡単にまとまる方法を学びまして(全然そういう話をしていた訳ではないが)、またしても自論をぶつけていこかと思います。。。




話の流れではありましたが、組織を作る時『最初にハッキリと制約を伝えていれば』まとまりやすいし問題は起きない(起きにくい)というものです。



例えば、アパレル関係の仕事を立ち上げる時、『みんなのアイデアをどんどん採用していきたいから何でも造ってくれ』と掲げるのと、『赤い物であれば何でも造って良い』などと最初に伝えた場合、どちらの方がまとまりやすく問題が起きにくいか。




前者の方が広い意味で楽しめそうだから人は集まりそうだけど、そこからの軌道修正や問題改善についても広く大きくなってしまう可能性がたくさん見え、まとめるのは難しく思える。


後者であれば、そこを理解した人達が集まり、決められた枠組みの中で力を発揮するから話し合いや論争などが起きても最終的な判断は下しやすく、もしその場を離れるとしても理由はハッキリするかなと。


とまあ深く話せばもっと20000字くらい書けるので超簡単に説明させて頂きましたが、要は最初が肝心だという事で、そこさえクリアにしていけば、問題が起きた時の対処もスムーズになると、そういう事でした。





がしかし。




ここで気が狂っている曽谷は反論します。





『イエスマンを集めてもイノベーションは起きない』と。





(カッコよく横文字使わせて頂きました)







後者の、『赤い物』だけを作るとなれば、赤い物ファンからは重宝され、面白いから注目もされやすいし、赤い物の中での専門的な評価や技術があがり、より尖っていけそうな気はします(書いていると良い事ばかり)。


でも、青い物の意見を聞く事はあっても取り入れる事は難しいから、周りからめちゃくちゃ良いイメージを得ても、『次は青い物にチャレンジしてみよう』とは方向転換しにくく、チームとしても急に色変わるって言われたら納得出来ない人も多いかと思う。



結果、制約はつければ付けるほど問題は起きにくくまとまりやすいが、新しい試みの邪魔をしうる可能性があると思っている。




『今日はパス禁止ね~』



と言われ必死に考える子供達。



ドリブルの技術が上がっていく。



シュートの意識が強まる。




自分でボールを奪う気持ちが強くなっていく。




相手もパスが来ないと分かって囲んでくる。




そこで見えてしまった『最高のパス』の選択肢を選んでしまった時に、『何パスしてんだよ』と怒るべきなのか?『それは良い』と緩めてしまうのか?ここも難しい。


『何パスしてんだよ』と怒れば、イノベーションは起きない。


緩めてしまえば『パスしていいの?』と広まり、パスをするものが増え始め、それに関しては『何パスしてんだよ』と怒るしかなくなるが選手達は混乱し、狙いもごちゃごちゃする。




かといって制約を全く付けない中で、そこまでのパスが見えるようになるかと言われれば100%ではないという延長線。








考えてもきりがないのですが、こういうのが好きなのでずっと考えてしまいます。






私は、色んな人のたくさんのアイデアや思考、価値観を知りたい、共有したいと思うくせに”頑固”で”負けず嫌い”という面倒くさい人間です。。。






だからと言って自分の考えを絶対曲げたくない訳ではなくて、何かの話を聞いた時、自分が思った事・思っている事・今の自分の考え、は絶対伝えるようにはしていて、そこでとにかく自分の想いをぶつける→相手の話を聞く→どうなの自分!?というような、話し合いがしたいんですね。




それで『あ、自分が間違っていたかも』『あ、そういう考えだったのか』『その発想は無かった』など、自分の成長に繋がると思うからとにかくぶつかります←かなり迷惑。





ばーーーっと話して、冷静に時間をかけて判断して、間違っていると思ったらちゃんと自分のモノにする。





こうやって自分は成長すると思っています。




これは自分の性格上の話ですので、人それぞれ成長の仕方は違うと思いますが、私はだから特に年齢とか関係なく年下でも自分の意見をちゃんと伝えて欲しいと思う。



相手の為を思って言っているおせっかいな事は、実は自分の成長の為だったりもするから、もっと言い返してほしいしどんな荒れ球でも嬉しかったりする。




投球練習がしたい訳じゃないし、自分のピッチングを見せびらかしたい訳でもないから、投げた球を捕られるだけじゃ全然成長しない。




投げた球じゃないモノを投げ返されたとしても、それはそれで面白かったりもする。









だから私はあまり制約をつけたくない。と言う話にやっと戻ってくる。。。









大人(社会人)になると、喧嘩ってあまり起きないと思う。



ケンカじゃなくても言い合いとかも含めて。





文句や不満、異論とかってあるけど、『大人なんだから』って気持ちを抑えて押し殺したり、『大人なんだから』我慢しようって思っている人がたくさんいると思う。




本当に訳の分からない事を言っている人だけが自分の想いを伝える努力をしているというか、、、




それを聞いて『こんな奴には何を言っても無駄だろう』と正論が伝えられなかったり、『言ってる事は分るけどこういう考え方もあるのになぁ』と思っても、相手の意見も間違っていないから伝える努力を放棄したり。





私は正直あまり好きではないです、、、だってその人の本当の気持ちが分からないから。





だいたいで、『この人”分かりました”って言ってるけど本当はそう思っていないだろう』とか感じる事ってあるじゃないですか?





それが本当に寂しいというか、悔しいというか何とも言えない感情です。。。






毎回ケンカしたい訳ではないですよ?





揚げ足なんてとろうと思えば永遠にとれますし、相手の意見に対して何か言ってやろうと思う事を言ってほしい訳ではなくて。





自分の気持ち、自分の信念、自分が大事に思っている事が相手と違う時には、伝えて欲しいなって思う。




それでもし、その人と絶縁みたい関係になったとしても自分の気持ち伝えないまま絶縁するのと、相手に疑心感を持ったまま一緒にいるよりはマシというか絶対良いと思う。





そう思う、そうだよね、その通りだと思う、間違ってないよ、その意見が正しい。




ありがたいけど、その中にいても絶対成長出来ないと思うから、否定してくれる人、意志を伝えてくれる人、ぶつかって来てくれる人、そういう人って大事だと思うし、そういう人の方がめちゃくちゃ信頼出来る。








なので、クラッシャー曽谷、今年もどんどんクラッシュして怒られようと思います。




そんな曽谷は褒められれて伸びるタイプです。




今後とも宜しくお願い致します。



# by yokohamagsfc | 2020-05-16 11:39 | Comments(0)

ベーシックインカム。

こんにちは。
曽谷です。





今日は”ベーシックインカム”について感じた事を書こうと思います。




最近よく耳にするようになった言葉。




簡単に言うと『国から必要最低限のお金を定期的に貰える』制度の事ですかね。






フィンランドでは実験的に2年間取り組んでみた結果なども出ていて、最大のデメリットであった『働かなくなる人が増える』という予想は覆されたようです(フィンランドでは)。






メリットとしては貧困などによる差別をなくすことや、働き方改善、本格的にAI導入への移行など色々言われていますね。







様々なニュースや歴史に触れる時間となっている今、私がすごく気になっている『なぜ社会は大学出の方が高卒出より評価が高いのか?』という疑問を抱きながら、色々な考え方に触れていく中で、『大学はいらないのではないか?』『就活は必要ないのではないか?』という討論というか発言をしている動画を観まして。





私は大学を出ましたが、高校卒業後に働いている友人もいて、大学4年間と仕事をしていた4年間を比べて、どちらの方が社会貢献というか今後に繋がる4年間を過ごしたかと言えば、働いていた4年間の方が割合でみると多いと感じます。




大前提として、大学4年間でめちゃくちゃ素晴らしい過ごし方をしている人もたくさんいる!という事は感じている中での割合です。




というのも、大学(スポーツ医療学科)の授業ですが、私はこう見えて、サッカーに必要だと思ってちゃんと出席して勉強しようと思って受けた授業がほとんどですが、まあーーーーー授業には出てない学生が多いし、それなのに大学も単位取れちゃう仕組みだし、実際大学のテストはその教授が出している本さえ(購入して)持参すれば合格出来るように感じる授業もあって、なんかね、もったいないなって感じてました。



何度も言いますが、そんな大学ばかりじゃないですよ?



ただ、そういう大学のそういう授業も多くあって、そこに通っている学生も多く存在して、そこに奨学金など借りてでも、借金をしてでも通う理由が本当にあったのか?




卒業してみて感じました。




もちろん、大学の授業で覚えている事や身になっている事、学んでよかった事は多く?いや多少ありますが、疑問に感じるのは、その4年間を過ごした学生たちと高校を卒業してから働いている人の評価が同じではないという事。






きっと、高卒でも平等に評価されると分かって、ちゃんと判断材料を高校側が提示してくれれば、無理して大学に通う生徒はもっと少なくなると思う。





大学での出会いが宝物になっている部分もあるし、大学サッカーというモノが自分を間違いなく成長させてくれた事に変わりも無く感謝もしていますし、大学が必要だと、学びたいと思う人も多く存在するので必要ないとは思いませんが、評価が平等でない事にはずっと疑問がありますね。





『とりあえず大学出とかないと!』は古いかなって感じます。。。







ちゃんと自分で考えて選択していけるようになってほしいです。








そこで、ベーシックインカムの話に戻ります(←長い前置き)。





最低賃金を国から支給されるのだから、生活の為にやりたくもない事を”しない”選択が出来て、『自分の好きな事に挑戦・好きな事を仕事に』する人だったり、『挑戦する人』が増えるのではないか?というメリットについて可能性を感じているようですが、文化的な考え方が変わらないとすぐに行動できる人は最初は少ないと思う。






しかし、若者が就職せず企業する事もそうですが、転職などすることによって会社が人材不足になり、自然と初任給なども上がっていくメリットが期待されているし(ここに高卒や大卒の壁がなくなる事を期待)、好きな事に時間を費やす方が労働生産性も向上し、もっと新しい何かが生まれるきっかけになるのではないかというベーシックインカムに対する期待はとてもあります。







これだけ書いておいてなんですが、、、この政策をやってみて欲しいとか、大学がどうこう今回伝えたかった訳ではないです。。。






自分で考えて選択する能力をもっと若いうちから標準装備として身につけていく事と、自分にちゃんと”付加価値”が生まれる生き方であり選択を出来るようになればもっと世の中面白くなるのではないかと伝えたかった訳です。。。






かなり調子に乗ってますね、自粛します。








やっぱりこの横浜GSというチームでありクラブにどんな付加価値を感じて関わって頂けているのか?





そこをもっと明確にしていきたいと思ったわけです。






『すぐ近くにあるチームだったから』





ありがたい事です。







このチームを選んでもらえた理由だけではなく、このチームに所属する付加価値がもっと明確に存在すれば、もっと伝えたい事が浸透しやすくなると思うし、子供たちに伝えたい事が私達だけでなく、関わって頂けるみなさんからもお伝えして頂けるはずで、その結果が大人になった選手達の芯となって、ブレずに歩いて行ける何か指針の様なものになってくれたらって思っています。







だから私自身も、ちゃんと付加価値のある人間にならなければいけないと思っています。








まだまだただの生意気な小僧でしかありませんが、信念だけはずっと変わらずに持って掲げて生きていきます。







選手のみんなにも、自分にしかないモノにたくさん気づいて、自分にしか魅せられない花を咲かせてもらいたい。







そんな事を思った、走り出したくなるような一日でした。


# by yokohamagsfc | 2020-05-10 15:09 | Comments(0)

敗者だとしても。


こんにちは。
曽谷です。


昨日はこちらの動画を観ていました。

https://www.youtube.com/watch?v=uLGrSC9Mp2c

サッカー日本代表キリンカップ2009
~日本vsチリ~フルマッチ
※岡田監督時代
解説→遠藤保仁選手・中澤佑二さん
実況→ジョイさん


この頃のサッカーはまた今と違ってゆったりしているように感じますが、今観ても勉強になるしとても面白いです。。。

遠藤選手上手すぎる。

解説している中澤選手が感じている事と遠藤選手が感じている部分の違いが、何も言わないけど伝わってきてそれもまた面白いです。


遠藤選手が『この時代の代表はイメージを共有できる選手が多くてわくわくしていた』と言っていましたが、DFライン、特に中澤選手とは共有できていなかったように感じる部分が多く見られますが、結局無失点・1アシストと結果を残している背景にある中澤選手を観ていると、サッカーってこういうもんだよなって再確認させられました。。。





あ、今回はサッカーの話ではありません。。。



↑自宅待機の過ごし方紹介でした。






今日は、私のルーツを書きたいなと思いまして。





昨夜にある一本の動画を観まして。





いつも通りアツい動画だったんですけどね。






それを観て、『良いな』って感じて、『羨ましいな』って感じて、自分はどうなんだろう?って思いました。














高校時代の後輩と電話している中でこんなことを言われます。






『僕は曽谷さんのおかげで人生が変わった』と。






これ電話するたびに言われているので『うるせえよ』って毎回ツッコんでいるのですが、そう言われて嬉しくない人なんていないですよね。







私が高校三年生の時に、仲良くしていたFWからCBにコンバートされたその後輩に、チームの練習後にひたすら自分の得意とする1vs1を教えてあげていたのですが、それが仕上がって来たタイミングでたまたまコーチの目に留まり、コーチからの『1vs1しようぜ~』という流れからスタメンに定着し始めたと本人は言っていました。





一年後に山梨県大会の選手権決勝を観に行った時にはその後輩がCBとしてスタメンで出ていて、一緒にCBを組んでいたのは今もプロ(V・ファーレン長崎)の舞台で活躍しているカメこと亀川諒史で、相手は現在鹿島アントラーズに所属している白崎凌兵選手有する山梨学院高校で、試合はロスタイムで決められ負けてしまったのですが本当にすごい試合で。







そこで私は何を感じたと思いますか?







あと少しで母校が全国大会への切符を逃してしまった悔しさ?






ベンチにも入っていなかった後輩の成長ぶりを観て感動した?







自分も負けていられないという高揚感?








そんなカッコいい感情ではなくて、当時はただただ敗北感だけでしたね。







私はその一年前に後輩(カメ)にも勝てずベンチでただ指をくわえて見ている事しか出来なかった舞台で、自分が教え込んでいた選手が試合に出て輝きを放っている姿を見て、なぜか絶望しました。




彼は私のおかげだと今もずっと慕ってくれていますが、そんな事だけで出れるほど甘い世界ではないし、『彼にそれだけの能力と努力があった』からで、自分の事のように嬉しいはずなのに、全く喜べなかった事を鮮明に覚えていますね。






その後彼は大学に進学後サッカー部には入らず、アルティメットの舞台で日本代表となり、現在はそのコーチとして世代別の大会で日本1位に導く監督として活躍を続けています。





そんな彼が今年から、同じ舞台(サッカー)で中学生を教える事になったと連絡が届きました。





元々サッカーの指導者をしていて小学生も並行して教えながら現在に至るのですが、『今も曽谷さんに教えてもらった事を子供達に教えています!』と、結構評価はされているようですが、それもまた彼の人間力あっての話なのでうるせえと言っている状態です。









私はプロサッカー選手に成る事が夢で、誰にも負けないくらい努力していると自負しながら自分を信じて生きてきた中で、一年前、その後輩には努力でも能力でも絶対負けていないと思っていたのに、気付けば天と地の差が結果には表れていて、努力の"質"がどれだけ大事かを痛感させられました。







大学サッカー生活は1年目からもったいないくらいの待遇を受け、評価してくれていたのに、何が正解か?何が評価されているのか?何をすることが今後自分に求められていくのか?が全く見えず、一生懸命にやる事しか出来なかった自分は、色んなことを勉強している今になってやっとちゃんと後悔が出来ています。








これが、今の自分のルーツだと感じています。







『全力だった』から当時全く後悔は無かった。







色んなことを勉強して学んで







『出来る事はもっとたくさんあった』と気付いて今たくさん後悔しています。











今指導している中で私はよく言います。







育成年代だから『結果=成長』ではいけないと。






『成長=結果』になるように導いていかなければならないと。







自分はいつも結果にこだわって生きてきました。







試合に出る事、絶対に勝つ事、プロになる事。







正直今も結果にこだわって生きている事に間違いないと思います。








慢心のないように、ある程度の自信もついてきました。










でも、その後輩に教えた1vs1の教えを、育成年代の選手に教えた事は一度も無いです。







※後輩は自分のチームでめちゃくちゃ教え込んでいるらしいですが。。。







卒業生には教えて欲しいと言われて少し教えた事がありますが、教えて上手くいくと、『それが正解』って思ってしまう事が一番恐くて。









正解だと思うとそれ以上考えなくなってしまう事が多く見受けられます。






今になって感じる努力の質という部分は、自分で考えて困難を乗り越えていく力だと感じているので、育成年代では正解となってしまうような教えではなくて、自分で考えて→解決していく力を培っていく事の方が、サッカーだけでなく大事だと身を持って感じています。








『負けてるのになんで〇〇なんですか?』みたいに言われる事もあるのですが、人として、サッカー選手として成長するかどうかだけを考えて、自分みたいにならないようにアプローチする事が自分が出来る最善だと思って接しています。











私が教えられる事ってなんですか?って考えたら、そうなってしまった原因と、そうならない為に出来る事だけは間違いなく教えられるなと。









成功者なんてそんないないですからね。






その人達の言葉をあたかも自分の事かのように伝えても、響く人ばかりじゃない。






『努力すれば夢は必ず叶う』





そう信じて





『叶わなかったのは努力が足りなかったから、途中で諦めてしまったからだ』と。





成功者にそう言われたら『確かに』と感じてしまいます。









でもそれだけじゃないと私は思う。













スポーツの魅力ってそれだけじゃないし、夢を叶える事だけが全てでもないはず。










『夢を叶える為の手助けをしたい』




私達は間違いなくそう思っています。








でもやっぱり現実は、『叶えられなかった』人の方が間違いなく多いから。







その子達を導く事も絶対に必要なのに、そこを蔑ろにされている状況が、現状とても目につきます。







結果にこだわっていると、その子達が何も知らないまま何も気づけないまま大人になって死んでいきます。






もしかしたら、輝きを放つ可能性があったにもかかわらず。











なんとなくサッカーを始めて、なんとなくサッカーを辞めてしまう子を生み出してはいけない。









なんとなく始めたモノを、自分の人生にとってかけがえのないモノにしてあげたい。誰であっても。










暑苦しいですね。。。







でも本気でそう思っています。







信じつづけるしかない。







発信し続けるしかない。








そう言い聞かせてこれからも、関わって頂いた皆様のかけがえのない場所であるように私達自信が誰よりも楽しんでいきます!!







なんかいつも通り長かったですね。。。



すみませんでし谷。


# by yokohamagsfc | 2020-05-08 11:08 | Comments(0)