横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

熱中症対策!!

こんにちわ!毎日があっという間に過ぎていきますね、曽谷です。

暑くなってきた今日は熱中症についてです!

まず熱中症とはなにか?
熱中症とは、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害です。

ではどのような状況が熱中症になりやすのか?
熱中症が起こりやすいのは、太陽が照りつける暑い日だけとは限りません。

特に注意が必要なのは真夏梅雨時です。

最高気温が高くなった日に熱中症の患者が増加しています。
また、熱帯夜が続くと、夜間も体温が高く維持されてしまうため熱中症が起こりやすくなります。

6月後半~7月の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く見られます。
この時期は身体がまだ暑さに慣れていないため上手に汗をかくことが出来ず、体温調整が上手く出来ないからです。


では、実際に熱中症が起きてしまった場合はどうするのか?
1.体調が悪い場合はまず涼しい場所に移動する。
2.衣服をゆるめ、身体を冷やす。
3.スポーツドリンクや少し塩を入れた水を飲ませる。
4.それでも体調がすぐれない場合は救急車を呼ぶ。
異常だと思ったらすぐに救急車を呼ぶ!!


でもまずは熱中症にならない努力をすることが大事ですよね。
どうするのが熱中症対策になるのか?

1.まず体調の良くない日は運動や外出を控える。
2.帽子をかぶったり通気性のいい服を着る。
3.小まめな水分補給。
 正直ここが一番大事。
 「のどが渇いたなー」と思ってから飲むのではなく、のどが渇かないように少しずつ小まめに飲む。
 汗は塩分も一緒に出てしまうため、スポーツ飲料をとるようにしましょう。



最後に、熱中症の時に、水道水や塩分の無い物を飲ませるのは逆効果
熱中症の時は体内の栄養分が減っている状態です。
そのときにただの水を足してしまうと
少ない栄養分がさらに薄まってしまうため良くありません。




よく寝て、よく食べて、よく水分補給。
これが大事なことだと思います!!

暑さに負けずに今日も頑張ります!!

[PR]

by yokohamagsfc | 2015-05-21 14:54 | Comments(0)
<< 週末は横浜へ!! 雑学 >>