横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一夜明けて。

おはようございます!
曽谷です!!

昨日は秋分の日。


ジュニアユースの高円宮杯三回戦が
新横浜フットボールパークで行われ
ベルマーレ小田原さんと試合して
0-3でした。


雨にもかかわらず
会場の周りを埋め尽くす
たくさんの応援・声援は
子供たちにとって大きな力になってました。


結果としては
勝つことは出来ませんでしたが
子供たちにとっては
人生においてとても大切な一日に
なったと思います。


普通に生きてたら絶対味わえない
貴重な時間。

普通じゃない生き方してたから
生まれた大きな想い。


必ず将来、昨日を思い出す日が来ます。
今まで何年間も生きてきた中で
思い出される特別な日は何日ありますか?

その数少ない中に9月22日、
秋分の日が新しく刻まれました。

間違いなく
人生の財産になっていきます。


秋分の日とは
『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ』日です。


つまり、昔の今を想う。
って事だと解釈しています。


来年の秋分の日が来るころ
今の1.2年生は何を思うかな?


後輩たちが去年の想いを引き継いで
今までの先輩たちのたくさんの想いを乗せて
戦ってくれることでしょう。



三年生は一人一人
しっかりと『想い』を見せてくれました。

試合が終わったあと
いっぱいいっぱい詰まったモノが
涙と一緒に溢れていました。


泣いていない子も
『自分は泣けない』という
貴重な経験をしました。



勝てなかった悔しさ
出れなかった悔しさ
何もできなかった悔しさ
もっとやりたかった
負けたけど楽しかった
でも悲しかった



そんな一日を終えて
今日はどんな顔してるかな?




すっきりしてる子もいれば
まだ引きずっている子もいるのかな?



目標がもう切り替わった人
目標がなくて真っ白な人
何もやる気が起きない人。




みんなどんな気持ちかな?





もちろんコーチたちは
サッカーを続けて欲しいです。





でも、
やらされたって心は満たされません。




オリンピックの選手もそうだけど
終わったら引退って考えるんだよ。


4年後に向けてあの厳しい練習を頑張る気力がないから。


でも自分が大好きだったソレを
やらない日が続いた時に思うんだよね。


『もう一度やりたい』って。


だから
本当にやりたい事って
本当に大切な事って
当たり前じゃなくなってやっと
体が、心が勝手に気付くものだと思います。


そんなに無理に続けなくても
少し休んで、またサッカーやりたい!
って思ったら遠慮しないで来てください。




頭が真っ白な人・無気力な人は
今までやってこなかったような
普通の毎日を過ごしてみてください。



スイッチは押すのじゃなくて
自然と入るものです。





まだ続けて来る子もいると思いますが
3年生、本当にお疲れ様でした。

すっげーかっこよかった。

[PR]

by yokohamagsfc | 2016-09-23 11:08 | Comments(0)
<< 少ないけれど。 スーパーキッズ。 >>