横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

当たり前であること。

こんにちは!
曽谷です!

ブログで書こうと思っている事を寝ると忘れてしまいます。。。
忘れないようにメモしておこうとも思うのですが、それくらいで忘れてしまうなら書く必要もないかと判断する基準にしています。
が、99,9%忘れています。。。
毎日のように書きたい事は出てくるのですが、書いている途中になんか違うな。とか思って消してしまったりもしています。

思い立ったら吉日とも言いますが、思ったことは思ったその瞬間にするのが一番良いですねやはり。

そんな今日は卒業について書こうかなと思います。

まさに青春まっただ中の子達を毎日のように見ている訳ですが、なぜ青春と呼ばれるものが美しいのか?





『二度と戻らない日々』であることが美しいとするのであれば、老若男女、すべての人々の毎日が美しいものであるでしょう。




でもなんで学生の日々というモノは青春として、深く心に刻まれていくのでしょうか。





あなたの青春はいつですか?





と聞かれたら、いつと答えますか?




輝かしい時代のことなのか。
叶えられなかった時代の事なのか。
それとも、悲しい苦しい時代の事なのか。






今、卒業という言葉聞いて何を感じるのか。





大人になった私からすれば、卒業と言われたら、過去の記憶を手繰り寄せて今に過去を感じる事くらいですね。




子供たちはどうなのか?





自分が子供だった時の記憶



卒業と言われたら一番に感じるのは”別れ”ですよね。



大人になればなるほど、”会おうと思えば会える”ことが増えてきて、豊かになればなるほど日々の美しさを感じにくくなっていく気がします。




小学校から中学校へ。
中学校から高校へ。
高校から大学や就職など。



出会いの中に当たり前なんて一つもなくて、その全てが美しいとは限らないけど、悲しかったり、嬉しかったり、怒ったりするのは全部”出会い”の力で、当たり前だって思っている事は全て奇跡に近い一人一人に与えられた幸せの数だと思っています。



大人になると経験からか、当たり前であることが増え、その日々に感謝やありがたみを感じなくなるような気がします。



私のおばあちゃんは『健康である事がなにより大事なんだよ』というのが口癖ですが、本当にそうで。
大げさかもしれないけど、朝起きて、健康でいられることから幸せはスタートしています。


ご飯を食べる事、動きたいように動ける事、自分の観たいものが見える事、聞きたい音が聞こえる事。


などなど、その一つ一つが幸せだって気づけないと、自分は不幸だって、つまんねえって感じてしまいます。




話はそれましたが、青春が美しいのは、当たり前が当たり前じゃなくなることを一番実感出来るからじゃないかなと思います。




感じられるかどうか?の話だと思うんです。



『もうすぐ今日が終わる、やり残したことはないかい?』



好きな歌詞の冒頭ですが、私は日々そう感じています。



そして、今、今日やり残したことは何もないと常に言えます。

だから、今もし死んでしまったとしても自分自身に後悔はないです。

(色んな人に罪悪感とか迷惑をかけてしまうのでそんな簡単に死ねませんが)

でも、そう思えるからこそ、日々幸せを感じているからこそ、”生きたい”と思えています。




卒業生も、まだまだ学生頑張っている子も、大人も、思い立ったら吉日です。
やりたいことはやらなくっちゃ。
言いたい事は言わなくちゃ。


自分の今日に後悔しない毎日を送ってほしい。
当たり前を幸せだと感じれる人であってほしい。


そんな今日でした。








[PR]

by yokohamagsfc | 2018-03-08 12:02 | Comments(0)
<< 卒業シーズン。 緊張感を持って26→3。 >>