横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

卒業シーズン。

こんにちは!
曽谷です!

今年も涙腺崩壊の時期がやって参りましたね。。。





昨日はジュニアの6年生の卒団式でした。


毎年ジュニアの卒団式のポテンシャルが上がっている気がします。


入場シーンから上映ムービー、プレゼントなど、本当にたくさんの愛を感じました。


みなさんの前で話しをさせていただきましたが、涙腺が崩壊しかけてちゃんと伝えたい事が伝わったかどうか不安になってしまいましたので、ここでもう一度、落ち着いて伝えようと思います。




『感謝』ってなにかなー




って考える事がやっぱり多くて、子供の頃からこの時期になると決まって言われる言葉の一つですが、本当の意味で理解している子はいるのかな?と思います。



それでも伝えたいのはいつでも感謝の気持ちで、少しでも何かを感じて欲しくて今回も話をさせていただきました。




サッカーを続ける子、違う何かを頑張る子、誰しもが今後何をしても変わらないもの。





それが過去です。




今まで、ずっとここでサッカーをしてきた事が変わることはありません。





仲間との思い出もそうですが、一番に忘れないでもらいたいのが、パパコーチの存在です。




幼稚園の頃から休日を返上して、ある時は平日でも、熱心に、誰よりもずっとそばで、喜怒哀楽を共にし、成長の為に尽くし続けてくれたこと。





絶対忘れてはいけません。




小さい頃の記憶なんてどこまで鮮明に覚えているか分かりませんが、間違いなく、サッカーしているそばにはいつもパパコーチがいてくれました。





どんなに成長しても、折れそうになっても、倒れないようにずっと根っこで支え続けてくれている人たちがいることを忘れないでほしい。




気付くのは大人になってからでも良いです。




でも、忘れないでください。





そして、二つ目。



私生活の面でも、いつも支え続けてくれた人たちがいます。



気付いていないかもしれませんが、大きな愛をいつももらっている事を忘れてはいけない。



今、楽しく笑っていられるのは、両親の見えない努力のおかげです。



昨日の会でもたくさん詰まっていました。


ムービー中に流れた曲。


サラッと聴いていたかもしれませんが、歌詞に想いがたくさん込められていました。




親というのは『木のうえで立って見ている』と書きますが、見えないところでいつも見守って、応援してくれています。




いつか、この想いに自分が触れた時、気づいた時、真っ直ぐ感謝を伝えられる人になってもらいたいです。





そして、そのたくさんの人達の『愛』を裏切らない選択の出来る大人になって下さい。


[PR]

by yokohamagsfc | 2018-03-22 12:24 | Comments(0)
<< たに散歩 当たり前であること。 >>