人気ブログランキング |

横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

子育てに一番大事な事。

こんにちは。
曽谷です。

雨が降って晴れての繰り返しでほんとに暑苦しいですね。
今日は雨が降らなそうなので、手遅れの日焼け止めをしっかり塗って指導します。



今日はですね、子育てに一番大事な事ということで、と言っても私は親ではないので気持ちだったり真相は分かりません。



ただ、『子供を育てる』という部分で、とても興味がある分野ですので、調べたり気になる記事は読んでみたりしています。



今回は、某チュウブさんで気になる動画を観ては飛んで観ては飛んでを繰り返していたら出てきた中で、子育てについてとても良いなと思った事を載せたいと思います。



林先生は子育てについては3つの事をしていれば良いと言っていました。




そして、その中で二つの事は基本的に出来ていると。




その3つとは何だと思いますか?













1つ目が、『見つめる事』

子供は親に自分をみていて欲しい生き物だから、ちゃんと見ていてあげる事。



2つ目が、『信じる事』

自分の子共を信じつづけてあげる事。



この二つは基本的に出来ているそうです。




そして最後であり、一番重要なことだそうですが、3つ目。





それが、『躾ける事』だそうです。






これが出来ている家庭はとても少なく、逆に、それが出来ている家庭の子は家庭教師に行っても成績が優秀の子しかいなかったようです。





『しつける』その一つ目の内容が、『好き嫌いのない子に』しつける事。





そして、しつけの中で最も重要な事。




ここに私はとても感銘と言うか共感と言うか面白いなって思ったのですが。


さて、いったい何でしょう?
















漢字をみていただくとその答えが出ていると。





『躾け』




身を美しくとかいて躾け。





そうです、『姿勢』です。





え?ってなりました。





姿勢?と。






でもそれを聞いて最初に浮かんだことは、私の中学時代の友人。





特別目立つような存在ではなかったですが(私は大好きな友人ですが)、めちゃくちゃモテていました。





そして、その友人のみんなの印象は、『〇〇君って姿勢良いよね』。



この女子達の意見を聞いていた曽谷は、その日からとても『姿勢』を良くしようと意識しました。



食べる時も、歩く時も、自転車に乗る時も、バイクに乗る時も(めちゃいじられた記憶)。



高校時代は、コーチから遠征時の食事の時に、『曽谷お前武士みたいだな』と言われるほど『姿勢』というものを意識して生きてきました。



特別親からそうしろと言われてきた訳でもないのですが、自らその事に対して取り組んできたことは、思ったより良かったのかなと急に実感する事となりました。





その理由の一つとして、良い姿勢でなければ集中は出来ないということ。



そして、姿勢をピシッとしているだけで、周りからの印象がとても良くなるという事。




良い姿勢でご飯を食べていると、精進料理を食べているみたいといじられたりもしますが。



良い姿勢で原付に乗っていると、カマキリみたいと言われることもありますが。






誰でも簡単に出来るけど、続ける事が難しい。



そして、サッカーにもそれは通ずるのかなと、良いサッカー選手って『姿勢良いよね』って話になり、今回2億4000万でレアルマドリードへの移籍(スペイン3部のレアルマドリードBでプレー予定)が決まった久保武英選手もやっぱり姿勢が良いよねって感じました。




昔の人は良く言われていたと思いますが、『しゃんとしなさい』と。




誰でも出来る事ではあるので、是非『躾け』も気にしてみてはいかがでしょうか?



# by yokohamagsfc | 2019-06-14 12:44 | Comments(0)

AIには出来ない事を。

こんにちは。
曽谷です。

年配の方の事故多発により、免許返納や、自動ブレーキ搭載車でないと運転を出来ないなど、新たな免許制度が始まるようですね。

対抗車両を猛スピードで逆走し、最後は交差点に突っ込み、運転手の男性と助手席に乗っていた妻が死亡した事故の動画を見ました。

運転手の方は、毎日ゴルフを練習し、毎日のように運転をしていた方だったそうです。

そんな方でもこのような事故を起こしてしまう恐れがあるということ。

そして、その対応策として『自動ブレーキ』搭載車という技術の進歩を利用していこうという決断。


『人工知能』というものがどんどん近くに迫ってきている事を日々感じます。


各業界でAIによって人件費を削減していき、今後は『仕事が出来る人』より、『仕事が出来るAIや機械を作れ・直せる人』の方が重宝される時代になっていくと予想されています。



だからこそ、『指導者』という仕事はとても充実感があり、AIには絶対に出来ない仕事であると感じています。



『個人でのトレーニング』『戦術理解』『体の動かし方』『ボールのタッチ感』など、youtubeを見れば教えてくれそうな内容は、もしかしたらAIの方がより細かく教えてくれる可能性もあります。

が、『創造性』という部分に関してだけは、絶対に教えられないと思うのです。


今まで起きた事の無い事に関して評価することが出来ない。

原因や現象は伝えられても、何を考えていたかをその瞬間に知ることは出来ない。


指導者として、知能だけではなくその人その人の創造性までみてあげたいと思う。


何を考え、何を狙い、何が起きて、どうしたら良いのか。

何が出来なくて、何をしなければいけなくて、どうしたら変われるのか。


ひとつひとつに必ず理由があって、同じ数だけ考えがある。

問題を、解決してあげるのではなく。

問題を、解決できるようにしてあげる。

AIに頼らず、自分の知能で、状況を理解し、判断し、決断できるように。



高校時代に教えていただいていた高木理己さん(現ガイナーレ鳥取監督)の記事を見て、燃えてきました。





# by yokohamagsfc | 2019-06-13 11:45 | Comments(0)

代わりはいない。

こんにちは。
曽谷です。


たまたま昨日テレビをつけたら日本代表の試合が流れていて(いつも忘れてしまう)、ラスト20分というところでした。

見始めた瞬間に丁度久保選手の登場でそこから見入ってしまいました。


彼のどこを見て良いと感じるのかは人それぞれですが、私は間違いなく『観て判断している』ところだと思う。


久保選手のプレーはリプレイが多いので何度も『何をしていたのか』を観る事が出来ましたが、あの、DF2人の間を抜いたシーン。


まずは、スルーパスを受ける前のシーン。

私は0.5と呼んでいますが、0.5で常にフリーでポジショニングを取り、何度周りを見ていたことか分かりません。

そして、出し手の顔が上がったタイミングで、もう一度後ろのDFを観る。

相手が自分に対してアプローチしてくると分かった瞬間1.5を取りに行く。

相手と、そしてパスを引き出し抜け出した後。

何回観た事か。

相手と周りを何度も確認して、どこに何をするべきなのかを判断。

その後は個人の駆け引きや能力や技術が加わってきますが、誰でも出来る事を真面目に一生懸命行っている姿に、彼は『天才』ではなく『秀才』であるのだと感じました。

その後のプレーで気になったのは二つ、ワンタッチでの崩しのシーンと、大迫に出したクロスのシーン。

中島選手がドリブルでタメにタメて久保選手に出したシーン。

正直観ていて、わざとワンテンポ遅らせたのかなと思うほどいじわるなパスでしたが、ずっとイメージを持って待っていたかのようなワンタッチを魅せる。

出てくると思っていなかったからトラップをミスしてしまったのではないかなと感じました。


そして最後に大迫選手に出したクロスのシーン。

たぶんミスなのであまり取り上げられてないと思いますし、記憶にもないかもしれませんが、あのミスをどう感じるのかは、育成年代の指導者にとってとても重要になると思います。






そんなような長い前置きをしてですね、今日のテーマは『代わりはいない』という事です。



テスト期間・修学旅行が重なり、最近よくU-14の選手を一緒に見させていただく事が多いです。


25名と本当に多く集まってくれた代で、その分、14人ではないので試合に出られない時間も多く、考える事はまた違ってくると思います。


ある一日の練習を観ていて感じたのが、以前同様『あなたは誰ですか?』という疑問。


前にも書かせていただいた内容と重複しますが、『個性』が分からないという事です。



その日はレギュラーでの出場機会が少ないメンバーが多かったのですが、U-13と3本試合をして、1-0、1-0、3-0と勝利しました。


年下と試合するんだから勝って当然でしょ。という話ではなく、一人一人がちゃんと成長している事をまず実感してほしい。

20分を3本行いましたが、0で帰ってくることは本当に難しい事で、圧倒的な差が無いとまず0では帰って来れません。

そして、この3本で伝えたサッカーの戦術的な話は、『基本』であり『正解』ではないということ。

だけど、常に考えていなければいけない『must』な内容でもあります。


この日の練習の解散時に、終わりの話はすぐ忘れて飛んでしまうと思っているので基本短く終わるのですが、絶対的に印象に残るなら(残って欲しい時は)ワンフレーズだけ伝えるようにしています。


伝えたのは、誰かの『代わりになってほしくない』という事です。


試合に出ているメンバーが、『あまりよくない』『調子が悪い』『疲れてきた』が理由で交代させる事ってよくあると思います。

でもその時に、『〇〇が出来なかった事をやる』事を一番に考えてほしくはなくて、もちろんそれは代わって出る選手としてしなければいけない事かもしれませんが、それ以上に『自分がプレーする事でしか得られない』何かを表現する事を一番に考えて欲しい。

△△がよくないから〇〇と交代、ではなく。
〇〇を出したら流れが変わりそうだから△△と交代、となるように。


日々の練習から『個性』であり『自分らしさ』を表現して欲しいと伝えました。


何人の選手の頭に残って、心に刻まれたかは分かりませんが、また観る機会と伝えるチャンスがあればまた伝えて行こうと思います。




梅雨が始まり、寒かったりー暑かったりーと体調を崩しやすので、良く寝て良く食べてエアコンは除湿で!!!


以上です。





# by yokohamagsfc | 2019-06-10 12:00 | Comments(0)

占い。

こんにちは。
曽谷です。


基本的に『神』などは信じないし、それに頼りたくないので、自分に起きた事に対しては全て自分が招いたことであり、自分の努力次第であると思っています。


なので、〇〇占いなどもやった事はなくて、興味はなくはないのですが、お金を支払ってまで未来や自分の事を知りたくもないと思っていましたが昨日。



連れられて原宿のすごい雰囲気の占いをやってきました。(30分3000円)


生年月日
出生地
出生時間から、
まずは自分の『宿命』というものを聞いて、
その後は相談したい内容に沿って、
手相、タロット、ストーン、守護霊を使って占いをしていただきました。




が。




これがものすごく面白くて。





そこまで分かるの?と思うほどの事が何度も起きました。。。





自分の中でモヤっとしていたことを占ってもらったのですが、とてもスッキリするお言葉を頂けて、馬鹿馬鹿しいと思っていただけに、支払った代金以上の価値があるなと感じて帰って来ました。




タロットでや守護霊のカードなど、自分で選んで引いたカードなのが妙に説得力もあり、思っていた以上に占い師さんが普通の方だったのがさらに共感を得られ、面白かったです。




内容については占いなので秘めておきますが、来年と今年の良い時期と悪い時期まで教えて頂いたので、その期間に何が起こるのかとても楽しみです。




今までの人生で経験したことの無い事を経験するということはとても刺激的だったので、その機会を与えて頂けた事に感謝ですね。



これからもどんどん新しい事に挑戦していきたいですね。

最後に占っていただいた方をドーンです。
c0366332_13345244.jpg
ネプテューンてすごい。



# by yokohamagsfc | 2019-06-05 13:35 | Comments(0)

基準。

こんにちは。
曽谷です。


コブラは怒涛の4連勝により、1敗1分から始まったリーグ戦も気づけば2位まで浮上。
1位と勝点は同じなので、なかなか良い位置に来ましたね。

今週が鬼門になると思います。
まだ4試合しかこなしていない厚木マーカスさんとの1戦です。
しかも成績は1分3勝と負けなし。

ここは叩いておかなければいけませんね。



試合内容はさておき、前回、前々回と、松木君がチームを救ってくれました。

前々回の決勝ゴール、前回のCKからのアシスト、一言でいうとね、もってるなと。



青島代表からよくコブラの話をしていただくのですが、約5年前まで私の中にあった思考回路というものが、指導を始め、監督業を務めてからは一新されていて、その中で代表から伝えられる内容は、一貫して筋が通っているように感じるのですが、『選手交代』であったり、『ポジションチェンジ』に関してはいつも意表をつかれてきたというか、驚きを隠せないタイミングは多くありました。

今となって、本当に最近ですね、やっと代表が『何を基準に』選択しているのかが分かってきたように感じています。



言葉で説明するにはとても非論理的なように感じるのですが、交代選手に関しては『普通だけ』を選ばないという事が一つあると思います。



例えば、『あの選手が疲れて来たな』となれば、『次はアイツしかないでしょ』となる所ではその選手を交代をしますが、『あの選手が疲れて来たな』となった時に『普通に行けばあの選手を出すよね』というところで、違う考え方をしているように感じます。



『普通に交代したら』、『思っている通りに試合が進む』か『こうなってしまったか』という未来がだいたいわかる結果になります。



しかし、代表の器用は『なんで!?』『どんなビジョンが見えているの!?』となるような、その後の想像が出来ない事が多々あります。



でもその起用は後で聞くとちゃんと理由があって、そして、『出した選手』より『出せない選手』の方にも理由がちゃんとあって、そこはやっぱり筋が通っているなといつも感じます。




今回の松木君の器用も、全体からしたら相当驚きがあったのではないかと感じます。




でも、去年一昨年と彼の成長を観てきた代表の思考を聞いていた私からすると、意外と普通の選択だったのかなって彼が出て来た時には感じました。




『監督』として。




ここがとっても難しくて面白くてですね。




スターティングメンバーは思っているより簡単に決まります。




日々の中で次々と決まっていくと思うので、悩むのは最後の1ヵ所くらいかなと。




スターティングメンバー以上に一番考えるのが、『試合展開に応じた選手交代』の『プラン』だと思います。




勝っている時はこうして、負けている時はこうして、最後10分はこうして、などなど多分たくさん選択肢を持っていかなければいけないと思うんですね。





しかも、味方だけではなく、相手の状況(プラン)も観て、どのプランでいくか判断しなければいけない。




ここが面白いところ。






でもですね。






その考えるプランって、『その日』勝つ為の選択肢なんですね。






代表が常に考えているのは、それにプラスして、その後の試合もどうやって勝つか?だと思っているんですね。







というのは、リーグ戦は長丁場で、カードによる累積や、何が起きてスターティングメンバーが揃わないか分からないので、試合に出ている11人以上に、『試合に出られない選手』のモチベーションをどうやって上げれるか?を一番に考えていると思うんです。





『俺はどうせ行っても出られない』と思う選手をどれだけ減らして、『俺にもチャンスが来る』と思う選手をどれだけ増やせるか。





本人に多くは語らない方なので、伝わっていない選手達がほとんどだと思いますが、すごく『想い』の部分であったり、『その日の』コンディションであったりをしっかり観て選択しているように感じます。






選手30人以上に対して、出られるのは毎試合11人+5人。




この16人以外のメンバーの気持ちをどれだけ考えて、その場の『普通の選択』ではなく、『長い目で見て』チームが勝てそうな選手を起用していくのか。






いつも試合に出られている選手の中に気持ちが入っていない選手がいたら、焦らせなければならない。
『今日は絶対結果を残す』と意気込んできた選手を出場させて、現状を気づかせなければいけない。





難しいけど、上手く『させる』事なんてそんなに出来ないので、本人達のモチベーションを引き出して、自分で努力して上手くなってもらう為の最良の選択をどれだけ選べるのか?でしかないと思うんです。




で、結局最後は本人次第だと思うんです。




どれだけ良い準備(努力)をしてきたか?
そこでどれだけ結果を残し続けるか?





良い準備から、良い結果に結びついた人を、『もってる』というのではないでしょうかね。








今、この瞬間も、『自分次第』ですね。




# by yokohamagsfc | 2019-05-15 12:38 | Comments(0)