横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 281 )


おやしらず。

こんにちは!
曽谷です!

題名の通り、親不知を2本抜きました。。。
口が開かない、食べにくい、なんか痛いと辛さの極みです。。。



そんな今日は幼少期の運動についてお話ししたいと思います。



最近特に気になっているのが『コーディネーショントレーニング』をいつから初めて、どれくらい行うのが大人になった時に一番いい影響が出るのか?


というところです。



調べてみると、最近の日本には3つの『間』というものが減少傾向にあり、昔に比べて子供の運動能力がどんどん低下しているようです。


その3つの間とは『遊び時間』『遊び空間』『遊び仲間』だそうです。

そして1歳~9歳の間に基本的な動きが十分に取得されていなければ、安全かつ効果的に運動を行う事が困難になるそうです。


しかし、特定の動きだけをすることはあまりよくないようで、全身を自分の動かしたいようにするには、運動の中で様々な動きを取り入れ、全ての神経を繋げる必要があります。

走る・投げる・跳ぶ・転がる・ぶら下がる・しゃがむ・蹴るなど、挙げればきりがないほどの動きを、どれだけ取得させてあげられるかが幼少期にはとても大事だそうです。


なので、少しそこに特化したスクールやイベントも今年は行えたら良いなーと個人的に考えております。

それにはまだまだ勉強する必要がありますので、しばしお待ちください。。。


成人式は晴れて良かったですね。
横浜の成人式会場は荒れたようですが。。。




by yokohamagsfc | 2019-01-17 14:13 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

新年あけましたおめでとうございます。

曽谷です!

本日雨が降らなかった記録連続19日目らしく、21日が過去最長なようで、土曜日・日曜日の天気の崩れが気になる所ですね。



それはさておきさておき。

新年一発目は吉報からと思っていたのですが、もう少しかかりそうなので今日は新年のご挨拶だけさせていただきます!!




最近急上昇中のシンガーソングライターが、

『同じような試合をずっと見てて楽しいですか?』というワードの後に

『人間が見てて飽きないものは、たいまつとかの炎や海の波で、それは同じ形に絶対ならないから』

『変わり続けるものにはそれだけの魅力がある』と言っていました。


自分も確かに、海の波やキャンプファイヤーの炎など、ずっと見てても飽きないなーって感じたことがあるので、とても共感出来ました。




また、それは人間の魅力やサッカープレイヤーとしての魅力にも繋がるな~と感じました。




変わり続けるもの。




毎日同じ生活をしていたら飽きてしまうように、日々の生活リズムの中に少しのアクセントや、いつも通りのプレーの中に少しのアクセントがあると、そこに魅力というものが生まれ、そしてその魅力に惹きつけられて、自分の価値が上がっていくのではないか、と思います。



自分の価値を上げるという事は、自分の人生が前向きに変わる可能性が高いということだと思います。



毎日つまらないなーと思っている人より、日々ワクワクしている人の方が、何かしらのチャンスが舞い込んできそうな気がします(勝手な持論ですが)。






今まさに受験勉強中で追い込んでいるところだと思います。

自分の頃もそうでしたが、受験勉強中の友達に久しぶりに会うとみんな顔色が悪い。

受験だから仕方がない、たった何ヶ月かの辛抱だと、みんな懸命に取り組んでいて素晴らしいなと思います。

でもそんな毎日の中に嬉しいアクセントや、何か癒されるアクセントがあると、もっと頑張れるんじゃないかなーと勝手に思っております。

先の見えないゴールなら、小さな目標設定を積み重ね、そのポイントポイントで何かアクセントを入れて進む方が、前向きに頑張れる気がする。

そんな中でも、他の事に目もくれずひたすら打ち込める強さがある人は本当に凄いなって思います。





私自身も、もっと魅力のある人間になれるよう変わり続けていきます。




by yokohamagsfc | 2019-01-11 11:42 | Comments(0)

熱量。

こんにちは!
曽谷です!

今年も残りあと少し、今、気持ちが絶好調です。






難しいのはいつも人の心。






どれだけの想いを持っていたとしても、受け取る側にその準備が出来ていなければ、ただただ暑苦しいだけの事。






どれだけたくさんの料理を考えて造っても、食べてもらえなければ、それは腐ってごみになってしまう。







お腹が空いているからご飯を食べたくなる。






何かが足りていない時、その穴を埋めたいと思える。










難しい、、、本当に。







でもこうやって書いていると落ち着いて物事を考えられる気がする。





欲していない者に何かを与える事は無意味なのか?と昨日は思った。







でも、改めて今考えてみると、今は無意味かもしれない、けど後に、意味のある物に変わる可能性はあるのではないかとも思えた。





何も与えず咲く花は、強く咲き誇るのか。



全てを与えすぎた花は枯れてしまうのか。








花の気持ちになって考えてみる。







『今は時期じゃないのに、なぜ育てようとする?』


『少しはほっておいて欲しいのに、また与えてきやがって』






こんな感じでしょうかね。







気にし過ぎかもしれない。




考えすぎかもしれない。







おせっかい野郎になってしまっている自分がいますね。








そっとしておくのが一番なのかもしれない。







そういう愛情もあるのだと感じました。







でもきっとほっておけないのが私の性格でしょうね!と自分ながら思います。。。







家族みたいなものだけに、難しいです。。。









それでも、考えて考えて考えて、伝えなくてはいけないと、そう思います。

何も言わなくても伝わってくれるなんて、そんな事絶対ないから。

相手の心をみてちゃんと話し続けようと思う。

情熱と愛情を持って。



by yokohamagsfc | 2018-12-14 12:01 | Comments(0)

ばかだから。


こんにちは。
曽谷です。

久しぶりの雨に加えてこの寒さ、、、やっと冬が来ましたね。










本当に大切だと思う人には、悪い話はしない。










男と言う生き物は(もしかしたら女性の方も)誰かに決められた道を歩きたくはない、と思うもの。





誰も歩いたことの無い道を、雑草かき分け進んだ先にある景色を綺麗と思う生き物。





自分だけの場所を見つけ、それを秘密基地と決めて感傷に浸りたい生き物。






もしその場所が、先に見つけた誰かのものだったとしたら、なぜかいらなくなってしまうような。







自分の好きな事だからこそ、自分で決めて歩きたい。





そこに後悔はあっても、憎しみは無いから。






でも一つだけ言えることがあるとすれば、大切だと思う人・大切だと思ってくれる人の声はしっかり聴いた方が良い。





もし自分が、大切だと思う人に何かを薦める時、たとえば『この〇〇は美味しいから絶対食べた方が良いよ』とか、『〇〇は面白いから絶対見た方が良いよ』とか。




それを言われた人が『分かった!ありがとう!』となる事は正直少ない。




でも薦めている本人はどう思っているのか?




誰が食べてもまずいものを薦めるか?

誰が見てもつまらないものを薦めるか?


そんな訳がない。



自分が大切だと思う人に、そんなものは薦めない。





その人に喜んでほしいから、笑ってほしいから、自分勝手ではありますが、伝えています。



それが本当においしくて、面白かったら?

もしかしたらそれが自分の№1になるかもしれない。

その人の話を聞いていなかったら知れずに一生を終えていたかもしれない。




それがもし、まずくてつまらないものだったら?

自分にとって合わない事、物をまた一つ知ることが出来たと思える。




人間一人の一生ですべてを知ることは出来ない。




でも、自分ではない誰かの時間も共有できれば、その分、自分の知らなかった事を知ることが出来るかもしれない。






自分の中だけで完成した人間と、出逢った全ての人との関係を大事にして完成した人間では、
どちらがたくさんの経験値を貰えると思いますか?
どちらがたくさんの選択肢を貰えると思いますか?




決めるのは自分。



でもそれを、食べてみなければ、見てみなければ、確かめてみなければ、自分の視界は狭まるばかり。




顔が上がらなけばゴールは見えない。





自分の事を必要としてくれる人なんてほんとに少ないから、大切にしてほしいと思う。









そして、自分の決めた事に胸を張って生きて欲しい。




誰かにそれを伝えるときに、下を向いてしまうような選択はしないでほしい。




誰に聞かれても胸を張って、『私はこうして生きて行きたい』と言える選択を続けて欲しいと思います。



本当に大切だと思うからこそ、ですね。



by yokohamagsfc | 2018-12-06 10:51 | Comments(0)

つらつらと。

こんにちは。

曽谷です。


また季節が変わりましたね。



季節変わりには、人の心も動き変わりだすような、そんな何かを感じます。




先ほど、大学時代のマネージャーから電話がありました。



『監督が手術したらしい』と。



大学時代の監督(青島代表の先輩)には、キャプテンとしても子供としても本当にお世話になった方で、生存確認が取れていませんでしたが元気でいるようで、手術後は退院も出来そうだと聞きました。






まだ、あまり歳をとったと感じる事はありませんが、お世話になった方々の話や現状を聞くと、自分も大きくなったのだなと感じるこの頃です。





何かが変わる時というのは不思議なもので、『その時』というものを予想や予測は出来てもどうすることも出来ない事ばかり。





流れには逆らえど止める事も戻すことも出来ない。




何も考えず、ただその時その時にリアクションして今日が終わり、『楽しかった』や『つまらなかった』と評価が終われば床につく。




明日の自分、もっと先の自分、もっともっと先の自分をイメージしながら動ける人は、何かを変えられる力を持っているように感じます。





つらつら頭で書きながら、今日は何を書こうか模索中です。。。







平成が終わるまであと少し、、、新しい時代が始まるような2019年。。。





何かが変わりそうなそんな気がしています。





老いを感じるのは、新しい事を見たり覚えたり感じたりすることが少なくなっているからだそうで、毎日同じ繰り返しだと時間間隔も分からなくなり、あっという間に今が過ぎていく。




だからやっぱり新しい何かを取り入れる必要があるなと感じます。





それは指導においてだけでなく、自分が面白い人生を歩み続けたいから。




好奇心に優る推進力は無いのではないかと。




新しい環境も、景色も、事実も、行動も、2019年には、、、というよりもう今日から増やしていかないとあっという間に枯れてしまう。。。




青島代表も130歳くらいまで生きる予定らしいので負けていられないなと。

(2週間くらい前までは咳をしながら『もうそろそろダメだなぁ』と言っていましたが・・・)




金さん・銀さん・青さんと言われることを期待しております。







そんなこんなで、まずは新しい景色を観ることから始めて、老いに負けない体造りを楽しんで行こうと思います。







そして、テストの結果によって、良い方向になにかが変わってくれる事を願っています、、、が。。。






最後に、カササンタから少し早めのクリスマスプレゼントもらってしまった!!
c0366332_13273079.jpg
これで冬はムテキ。



by yokohamagsfc | 2018-11-22 12:45 | Comments(0)

モチベーションコントロール。


こんにちは。

戸塚区民にも馴染んできました曽谷でございます。


今日は『モチベーションコントロール』ということで、私が指導するにあたり、とても気にしている事の一つのお話を。



子供達だけに限った事ではありませんが、『気持ちが乗らない時』というのはありますよね。




嫌な事があれば気持ちは落ちるし、嬉しい事があればテンションは上がるし、なんにも無い時だってなぜか寂しくなったりするのが人間ですから、その日その日のその人の『気分』ってすごく気になるし、ちゃんと理解してあげなければいけないと思うのです。



それでも毎日のように学校があって、勉強があって、サッカーがあって、周りの事で言えば毎日のように仕事があってノルマがあって、毎日全て楽しく全力でこなせる人が全てじゃありません。



嫌だなーと思いながら、疲れるなーと思いながらも、しなければいけないこともあれば、やっとこの時間が来たと、早く始まらないかなと、待ち遠しく感じる時間もあって、その度その度に心の中で変化は起きていると思うのです。



でもそれを知る方法って簡単なようで難しくて、分かっているようで全然分かっていなくて、どれだけ近くに居ても分からない事もあれば、あまり親しくもないのになぜかこの人の気持ちは分かるってこともあるから、目に見えない何かを観るのは本当に大変。





それを知る方法は『観察』ではなく『会話』でもなく、『コミュニケーション』しかないと思っていて、一方通行では絶対ダメで、本音じゃないと意味が無くて、気づいてあげられないと一生分わり合えないと思います。



こんなこと言ってるお前は本当にそれが出来ているのか?と言われれば、それは分からないと言います。
それは私が決める事ではないからで、相手がどう感じているかでしか正解はないからで、それでも自信を持って『誰よりもその人を知ろうとしている』と伝える事は出来ます。




前置きが長くなりましたが、その一人一人のモチベーションを汲み取ってやっと練習がスタート出来ると私は思います。




会場についてまず挨拶、その後少し話をして、今日はどんな事があったのか?どんな気分なのか?そんな事を感じてからじゃないと、相手の気持ちが分かっていないとその人の『声』が聞こえない。


その声が聞こえなければ、私において良い指導が出来ないと言えます。



むしろその『声』だけが頼りです。




一つの練習に対して、『これなんの練習?』という心の声や、『この練習自分にとっては無意味だなー』という表情や、『本当は今辛くてキツイです』という態度であり行動を、その人の『声』としてちゃんと自分が聞こえていなければ、こちらが伝えたい事は全く伝わらないと思うから。




そして、忘れてはいけないのがアフターの『声』です。




練習も試合も、はたまたプライベート情報でさえ、終わった後、起こった後、の『声』まで私は気なるし、聞きたいと思っています。





最中の出来事は一緒にいるうちに解決出来ればそれは一番ですが、帰り道にふと思い出す事もあれば、最後まで納得していないまま帰る事もあるし、それを『明日になったら忘れてるだろう』と思うのは安易で、そんな簡単な生き物ではないと身を持って感じているから、とことん向き合うしかない。




モチベーションコントロールと書きましたが、モチベーション=心、コントロール=コミュニケーションであり、心とコミュニケーションをとり続けることが、やっぱり大事だなって感じた昨晩でした。




by yokohamagsfc | 2018-11-08 11:58 | Comments(0)

気が付けば

こんにちは!
曽谷です!


ハッピーハロウィンですね。
もう11月になりますね。
そろそろクリスマスですね。
今年ももう終わりますね。

↑毎年書いている気が。。。

早いですね。



今年も気が付けばあと2か月。



先日、高校の先輩(山梨県の高校サッカー部コーチ)と連絡をとっている中で、『選手権が終わってしまって寂しい』と言うことを伝えられて、あと一年でお別れかと思うとすでに寂しい自分がいますね。


ここまで来るのは早かったけど、長く感じた部分もたくさんあり、あと1年間をどういう形で・流れで向かっていくのが一番良いのか模索中です。



この時期は目標設定が難しい時期ですが、年が明ければすぐクラブユースも待っています。

今後の為に今しておいた方が良いであろう事を優先的に取り組んでいる現状ですが、子供たちが望んでいるものが見えるだけに少し心は痛いです。






一人一人に違ったアプローチが必要だと常々感じています。



生まれも育ちも生き方も考え方も違う、兄弟でさえ違うのだから、言葉一つをどう捉えるかは間違いなく一通りでは無い。


チームプレーであるから、私が伝えた言葉一つを全員が同じ理解をしていてくれれば、楽であり、チームは繋がりやすいでしょう。


ですが、それはまた『型にはめてしまう』という事でもあって、『右向け右』で全員右を向く、『分かったか?』に対して全員が『はい!』と答えるのは、会話ではなく統一であり、判断ではなく支配であると、そう感じます。




言われたことを自分で一度考えて、整理して、本当に納得して出た答えが私と全員同じなら、それは良いと思います。



でもそうなって欲しくないとも思っています。




反抗したって良いし、異見しても良い。


自分が正しいと思う事、したいと思う事をして、間違っていると感じたら変えて行けばいいし、間違いであったとしても、それを正しくする努力をしたって良い。




考えることと判断する事をやめてはいけない、そして絶対にやらされてはいけない。




伝えている事は全て考えるヒントでしかなくて、最後の決定は全て自分であってほしい。




必要なヒントは質も量も決まっていない。



1で答えを見つけ出す子もいれば、10でもまだ足りない子もいて、与えすぎたらつまらないし、少なすぎたら飽きちゃうし、そこを探るのが楽しくて、やりがいのある時間で、勉強し続けるべきスキルだと感じています。



その為にもあと1年間、たくさん会話して、背中を押し続けて行こうと思います。






by yokohamagsfc | 2018-10-31 12:22 | Comments(0)

あの頃の

こんにちは!
曽谷です!


最近スポーツに活気がありますよね。

バスケットボールやテニスやサッカー、その他ジャパンチームが各所で盛り上がりをみせてくれています。

東京オリンピックは日本にとって本当にビックチャンスですし、何かを世界に示してくれるのではないかと期待しております。






それはさておき、『本気の勝負』というものをまた経験したいなと感じる今日この頃です。



本気と言っても、公式戦や一発勝負という事ではなく、何かを懸けて勝負する機会を欲しているという感覚です。


というのも。

ジュニアユースの子達のサッカーを見ていて、話しをしていて、希望に満ち溢れている子が多く、これからもっと刺激的な時間が訪れるのだろうと思うと、なんか羨ましく感じましたね。



ギラッギラしていた頃の自分に戻りたいわけではないのですが、何か自分の人生が左右するような大勝負という場面に自分で勝負したいなと感じるこの頃です。




口で言ってるだけでは何も変わりはしないので、行動するしかないですよね。



東京オリンピックまでに何か一発真剣勝負をしたいかなと思います。


思い立ったらすぐ行動、失敗は取り返す。


それくらいの強い気持ちで懸けます。




何か新しい事ですよね。





頑張ります!!




by yokohamagsfc | 2018-10-19 12:17 | Comments(0)

越しました

こんにちは、曽谷です。


昨日、4年ほど住まわせていただいた保土ヶ谷区からお引越しを致しました。

戸塚区にスライドしただけなのでなんてことは無いのですが、『あの人どこに自転車で向かっているんだろう?』と心配される可能性がありますのでご報告までに。




引っ越すって大変ですね。

ここ2~3週間は久しぶりに毎日が長く感じていました。




長い割には時間が無い、という久しぶりの経験で、大丈夫大丈夫と言い聞かせていても、自分のキャパシティは優に越えていたようで、ここ最近本当に申し訳なく思う日が多々ありました。





ほんの少し前の準備段階では、『何をしたらいいかな~』と考えて考えてスケジュールを組んでいましたが、、これから忙しくなるよ?と言う時に限って多方面から様々な連絡がきて、目まぐるしい日々が続き、久しぶりに身体が壊れかけましたね。







人との繋がりはとても大事で、だからこそその繋がりに関する事を決めるときは本当にパワーを使います。








『相手からどう思われるかどうか?』ばかり気にしてしまうこの性格は、パワーが切れるとダメですね。。。








なので、ここからはもう一度パワーを充電して、2%だった体力を200%まで回復して、毎日100%以上で楽しんで行こうと思います!!






ちょっと何言ってるか分からないと思いますが、今日からはすっきりとした顔になっていると思いますので、改めまして宜しくお願い致します。






時間は待ってはくれないので、過ぎた時間は取り返すしかない。


過去を忘れず今を楽しむ。
未来の為に今を楽しむ。




今日も良い天気です!
楽しんで生きていきましょう!!!!!!!!





by yokohamagsfc | 2018-10-10 10:56 | Comments(0)

夢を。


こんにちは!

最近自転車で爆走しているところをよく見られております曽谷です。。。

口をパクパクしていたら歌っているのでお気になさらずお願いします。。。




さて今日は『夢を』ということで。






自分が子供の頃を、大人になってみて思い返してみると変わってたなーと感じる事ってありますよね。




ハマっていた事とか、好きだったモノとか、感じていた事などなど。





昔あれだけ好きだったのに、今となっては全く興味がなくなっていたり、あれだけ熱中していたのに、今久しぶりにやってみても続かなかったり、、、私だけでしょうかね。。。





でもそんな中で『感じていた事』という部分のお話。



『曽谷ほんとそういう話好きだよね』と思われているはずです、、、が、、、好きなんですよね~








自分が取り組んできた事の中で、『続いたこと』『興味を持ったもの』というのはどれもこれも『終わり』があるものな気がしています。




永遠に続くような遊びとか運動とか勉強とかは好きになれず、終わりがあるから美しい、みたいな美学を持っていたような子供だったのかと思われます。。。




でも今は、調べても調べても終わりがないモノや、追求し続けられるモノにとても関心と言うか興味が沸いています。



そう考えると、子供の頃にもっとちゃんとやっておけば、、、と思う事は多くあって、でもやっぱり自分の中で『必要だな』『楽しいな』と思う時が来ないと続かないし身体にも入っていかないから、難しいですねほんとに。



その経験があるからこそ子供たちに『〇〇やれ』『〇〇はやっておいた方が良い』と言ってしまう気持ちが今はとても分かります。。。







全て自分レベルの話なので『私は違います』という人ばかりだと思われますが(曽谷は変だとよく言われているので)、自分が何かを行うすべてに対して基準はあったように感じます。







それが『夢』です。






子供の頃に絶対通る道というか通らされる道というか、『あなたの夢は何ですか?』という看板が目印の道。






そこで無視しても、いつも分かれ道にはその看板がついていて、気づいたらその度に『〇〇です』と答えながら歩かされた?歩いてきた?というような、自分の中で大切にしている何かを思い出させながらずっと歩いてきたのが今です。




大切にしているモノを基準に行動は決まっていて、勉強も、サッカーで高校が決まってしまったら必要性を感じなくなってしまい、ほんとにバカだなと今となっては思うのですが、その行為が果たして夢を叶えるために『今』必要なのかどうか?それだけが歩く道を決めていました。





良い悪いはもちろんあって、きっとこの歩いてきた道も夢が叶えば良い道を歩いてきたと思うはず。
でも私は、叶わなかった瞬間に過去のあらゆる部分が後悔に変わりました。




間違いなく軸はぶれずには歩いてきました、でも後悔もたくさん、辛い事もたくさんあった、なのに、叶う事は無かった。











けど、『夢があって良かったな』って、『夢を追えて本当に良かったな』って、そこだけははっきりと言えます。








1つ目の夢が潰え、何かをする基準が何も無い時、本当に辛くて、からっぽでした。







その時に自分の力の根源は全て『夢』だったんだと感じました。








からっぽな自分に、また生きる活力をくれたのは、やっぱり夢でした。







今も夢がある、だから楽しい。
ダメになるかもしれない、けど叶えたい、どれだけかかっても。






こういう生き方しか出来なかった自分を果たして他の人が幸せだと思うかは分かりません。
でも後悔など色々あったけどずっと幸せでした、それは間違いない。







だから子供たちに伝えて行こうと思うのは『夢を持って』『夢に向かってほしい』ということ。







どうなるかなんてわからない、それでいい人生が送れるとも限らない、でも、『自分の意志』で叶えたい夢があるなら、全てを懸けるべきだと背中を押していこうと思います。




そんな子達を支えてあげたいと思います。





そして、自分自身の背中も、もう一度押してあげようと思います。






by yokohamagsfc | 2018-10-05 11:50 | Comments(0)