横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


あらためて

こんばんは、曽谷です。

今日は改めまして、サッカーって何かなーって考えていました。


記事を読んだり動画を見たりしながら考えていたのは、


『サッカー初心者に、一番最初に教える事ってなんですか?』




という疑問。






あまり深く考えるテーマではないけど、これってすごく重要だと思います。





色んな人の考え方があって、個性があって、指導法があるけど、きっとみんな同じ事を考えている気がする。





私は『シュート』でした。




ただ、一番最初の練習でそれを教えたか?というと少し曖昧で、何度考えても『シュート』なはずなのに、はっきりと、『一番最初に教えた事はシュートです』とは言えない自分がいます。





例えば、幼稚園児の試合で、




身体が他の子より二回りくらい大きい子が、ボールを持ったらボカーンとシュートを打つ。




そしてそれで点が入る。





キックオフしてその子がまたボールを持ってボカーンと蹴って点が入る。









どう思いましたか?




その子になんと声を掛けますか?











サッカーとしてはとても素晴らしい事なのに、『シュートだけじゃなくてパスもドリブルもしてみよう!』と声をかけてしまいませんか?









他の子の事も考えると、少しやり方を変えた方が良いかなーとか思いがち、なのが日本人であり、日本人らしさなのかなと思います。






自分もその場面に遭遇したときにどう反応するのか自信がありませんが、冷静に、ことサッカーとして考えると、『あの子にシュートを打たせたら点が入っちゃうよ?どうする?』というのが相手チームの第一声であるべきかなと。




そしてその子がシュートを打てなくなった時に、『じゃあどうする?』とこちらが声を掛けるのが持論です。






ドリブルでもパスでもなくシュートを一番最初に教えるのは、一番早く、簡単に得点が入る可能性があるからです。







そう考えた時に、自分の練習メニューに、それを考えさせてあげられているのかな?と思うわけです。








シュート練習で、なぜここでシュートを打つのか?
パス練習の中で、何のためにパスの精度を上げているのか?
ポゼッション練習は、なぜボールを回しているのか?



全ての答えが『得点を奪うため』であり、『シュートを打つ為』だと分かって取り組ませてあげられているのか?




そんな事をふと考えました。






当たり前な事ほど見落としがちで。
大切なことなのに、それを忘れて新しい事や好きな事を優先してしまう。







何のために?







その答えは常に持っていなければならない。







持っていないのなら明確にすることから始めなければならない。








論理的に考えて起こる事だけがサッカーでもなければ人生でもありませんが、考えて、決断して、行動するのがサッカーであり、人生かなと思ったりする若造でした。




雨が子供たちの帰宅後に降りますように。。。













by yokohamagsfc | 2019-02-22 18:01 | Comments(0)

花を。


こんにちは!
曽谷です。

今日は少し暖かい雰囲気ですが、実際は寒いので防寒は忘れずに、です。




少し前の話になりますが、お祝いを頂いてしまいました。。。


c0366332_12500394.jpg
えーこちらには子供達からの愛溢れる上から目線のお言葉達が詰まっておりました。

c0366332_12514628.jpg
花束もいただいて、好きなので厳選して瓶に活けて飾らせていただきました。

c0366332_12482439.jpg
そして最後に久しぶりに全員揃ってのパシャリです。

幸せ者ですね~


ありがたいですね。。。





恩返しの形は今のところ一つしか思い浮かびませんので、一緒に戦うしかないですね。


次節は怪我人も無く全員で戦えるかなと思っています、が、何かが起きるのがこの代の特徴なので、、、何も起きない事を祈ります。。。




昨日一昨日と、一週間のテスト明けての練習は、とても賑やかでしたね。
そんなに笑顔になれる?ってくらいずっと笑っていましたね。


良いなぁ~と思いながら、
良いメンバーだなと感じました。


一人一人じゃまだまだ。ほんとに気弱だし、実はとても陰な子も多いし。

ただ、多ければ多いほどパワーが溢れ出ていきます。

どこにそんなパワーがあったのか?っとビックリするほどに。




ここまで一緒に歩いてきた14人が、どんな形であれ、最後は笑顔で終わって欲しい。



その為に、やらなければいけない事がある。


課題は明白。


『今』しか出来ない事を日々続けて、またみんなで笑いましょう。




本当に、いつもいつもありがとうございます。

勝ちましょう。



by yokohamagsfc | 2019-02-18 13:06 | Comments(0)