横浜GSFCスタッフブログ


横浜GSFCというチームを皆さんに知って欲しいという想いを一番に、チーム情報からくだらない話までたくさんの情報を伝えていきたいと思います!!
by yokohamagsfc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

金木犀。

おはようございます!
曽谷です!

秋と言えば『金木犀』ですよね~
あの匂いを感じるたびに昔に戻る気がします。。。

そして、秋の訪れを感じます。


ブログを書くと毎回思う「今年もあと〇〇、、、」


今年は担当の学年を持たせていただいて、新しいスタートを切った年。
4月から始まり、もう半年が経ちますね~


3年間という期間は正確ではなく、現3年生はもうほとんど受験勉強で参加していないのでもう後2年を切っている状態です。

前期のリーグ戦も終わり、ひと段落着きたい所ですが、そんな時間は無いですね。
ここまではある意味土台作りに専念していて、ある程度形が見えてきました。

もうここからは上に乗せていきたいところ、ですが、ね。

去年、学年を持つにあたって3年間の指導計画を立てましたが、ほぼイメージ通りに進んでいて、ほんとに子供達には感謝しかないなと。。。

ただやはり、この半年間で出た課題は指導計画の中には入っておらず、一つ一つクリアしていくべきなのか、上のレベルに任せるべきなのか?今、とても悩んでおります。


感じるのは、『一人一人のアプローチがある』ということ。
同じ練習をしていても、出る課題はみんなが同じじゃなくて、同じ課題が出たとしても伝えることも一緒じゃなくて、同じ道を歩いていても歩き方は人それぞれで、どこを見ているのかも人それぞれで。

同じ方向を向かせることが大事なのか?
一人一人バラバラでも、一緒に歩く事が大事なのか?


チームスポーツとして、同じ方向を向いて歩くことがゴール(勝利)への一番の近道であると思います。
しかし、中学三年生がゴールではなくて、その先、先、先、、、と続いていってほしいというのが願いで。
人としても、スポーツ選手としても、土台作りに時間をかけるべきなのかな?と感じています。


この2週間で、ある程度方向性を決めて、一番先頭を歩いていくのか?
目的地だけ伝えて、一番後ろを歩いていくのか?


私は後者派なのできっとそうなってしまいますが、一人一人が選択肢を持って、決断できるように、支えて行こうと思います。


相変わらず、毎回元気をくれる子供たちと一緒に、自分も成長していきます。


風邪に気を付けて今週も頑張っていきましょう!!!!

[PR]

# by yokohamagsfc | 2017-10-12 11:26 | Comments(0)

きっかけ。

こんにちは!
曽谷です!

台風が近づいているようで、明日から月曜日の朝までは雨風共に『強』らしいので、外出は充分注意が必要ですね。。。
そんななか関東リーグは開催されるのか?
何が起きても良い準備をしておかなければいけませんね。


今日は少し昔の話を。

私が小学生の頃のGSは1・2年3・4年5・6年で活動していたこともあって、上とも下とも関わりがあり、良い面で言えば仲良ければ学年を越えて楽しいけど、悪い面で言えば仲良くないと学年が変わるごとにナイーブになるというところ。

小学生の頃なんて、誰かが『あいつ無理』と言えば、言った本人が嫌な顔されるか、言われた本人が避けられるか。
子供の頃なんてそんなことよくあったと思う。

もともと仲良かった二人のケンカならまだしも、全然関係ない子への一方的な発言ほど伝わるのが早く、影響するのも早かったですね。


自分たちは1個下の学年とは仲良くサッカー出来ていたけど、1個上の学年とはあまり上手くいってない時期があり、4年から5年生に上がる時に同級生がたくさん辞めようとしていた記憶があります。

とにかく上の代が強かった印象があって、そこと一緒にやる勇気とか、メンタルが足り無かっただけなんですけど、自分もその時期に人生で一度だけサッカーを辞める決断をしました。

流れというか、学年が上がる少し前に毎週一人ずつ辞めていくような、自分もそれほどサッカーにかけていた訳でもなく、『友達がやっていたから』くらいの気持ちだったので、別れを告げにグラウンドへ。
しかし、とりあえず『辞めるな』とコーチ・同級生から言われ、子供の感情なので『必要とされている』と感じた自分は親に『やっぱやめない』と言い、ただ周りを振り回してしまっただけのかまってちゃんみたいになっていました。

でも正直その時辞めていたらと思うとゾッとしますね。。。

『違う人生があったかもしれない』とかは全く思わなくて、サッカー以外なんもやっていなかったから、ただ夢を見ることも無く現在まで普通な毎日を送っていたと思います。

普通で良いじゃん?って思うかもしれないですが、人生を賭けて何かに挑戦した人間からしたら、普通の生活では満足できないと私は思います。

楽しい文化祭があった訳じゃないし、大恋愛をしたわけでもなく、キツイ・辛いが8割の楽しいが2割くらいの日々を送り続けてきましたが、ひたすら夢に向かって走り続けた時間は今の『自分』の9割を占めている大切なモノにかわっています。


あの日、自分が何かを『諦める』決断を変えてくれた同級生とコーチには本当に感謝しています。

『諦める』事が悪い訳でもなく、『変える』判断が良いとも限りませんが、大事なのはやはり『自分で選択すること』だと思います。

嫌々やらされて、やらされて、後で『やってて良かった』って思う事ももちろんある。
けど、自ら選んだ道を進み続けることは、後悔も不安もたくさんあるけど、その分とても大きな達成感や充実感を得られます。

そして一番大事なのは、自分で選んだ道であれば『誰かを恨むことはない』ということ。
人は一人じゃ生きていけませんから、せっかく出会った誰かを恨む事だけはあってはいけないと思います。


長くなりましたが、とにかく『自分で歩け』ということでした!!


今週ももう金曜日!
最後まで頑張っていきましょう!!


[PR]

# by yokohamagsfc | 2017-09-15 12:10 | Comments(0)

一瞬。

おはようございます。
曽谷です。

日曜日は高円宮杯お疲れ様でした。
とても、とても素晴らしい試合でした。

今の3年生は、担当させていただいた訳ではありませんが、一緒に歩いてきた代だと思っています。
自分がGSに帰ってきた時に1年生として入って来てくれて、最近話をすると入った当時は「なんだあの若い奴は」と思われていたそうですが、今となってはそんな他愛もない事も話し合えるような関係になれていました。

1年生の時から今日まで、本当にたくさんの出来事があって、もちろん良い思い出ばかりではありませんが、その一つ一つが鮮明で記憶に新しく、自分の3年間は、この子達と一緒にいた時間が多かったように感じています。


『栄光の架け橋』

モチベーションビデオでは、迷わずこの曲を使いたいと思いました。
歌詞の一つ一つが、この子達を表しているんじゃないかな?と。

作りながら、自分も震えてしまうほど、想いが詰まってしまいました。


1回戦、6-0での大勝。
誰が予想していたか、1年生の頃の自分たちがここまで強くなっていることに。

2回戦、0-1。
過去に大敗をした相手に対して、ここまで互角に戦えるなんて。
でもきっとまだまだ何かが足りなったんだと思う。
試合が終わった後の子供たちの顔が語っていました。

どれだけ頑張っても報われない人もいる。
けど、終わりじゃない。

下を向いたって、泣いたって良い。
そのたび何度だって立ち上がって、『負けるもんか』ってまた歩き出してほしい。

その強さをみんなは持ってるはずだから。


まだ旅の途中。
疲れたら、また帰ってきて下さい。


本当に最高でした、お疲れ様。


[PR]

# by yokohamagsfc | 2017-09-06 11:02 | Comments(0)

夏休み。

こんにちは。

気付けば1ヶ月ほど更新がされてませんでしたね。。。
それほどに詰まった夏休みでした。。。


このところ、とても気分が良いです!

ジュニアユースの高円宮杯が初戦を6-0で突破し、関東リーグ参戦のコブラの方も前期を1勝2分6敗で終え、最下位から後期をスタートしましたが、現在後期5節が終わり、3勝2分と好スタート!!
ダントツの10位でしたが、なんとか7位まで浮上、3連勝中と文句なしの最近です!!

今年は珍しく縁日以外のお祭りに行くことが出来ませんでしたね。。。
試合の疲労感が去年の比じゃない。。。
歳ではないと信じたい。。。

まあでも縁日の方は5月から4回中2回参加出来て、去年より人は少なかったように感じましたが、なんとか無事やり切れましたね!!

高校生の参加率も低かったな~と感じながら、8月が終わりを迎えます。


9月に入れば今年もあと4ヶ月かと。。。
今年は季節感を全く感じられていない。。。


秋はもう少しアクティブに季節を満喫しなければ、時代に置いていかれてしまう。。。


とりあえず、サッカーしたい。






[PR]

# by yokohamagsfc | 2017-08-28 13:38 | Comments(0)

海外サッカーの講義を受けて(ドイツ・バルサ)。

おはようございます!
曽谷です!!

火曜日は雷すごかったですね~
逗子で海に入っていたので死ぬかと思いました!!!!!!




そんな今日は先週末の日・月とカモメパークの方で行われた講習会のお話を。



まずは日曜日。
テーマは『守備』
講師:坂本 健二氏

主にドイツサッカーに携わってきた方なので、ドイツの守備という興味深い内容だったので行ってきました。

17:30~19:00講義
19:15~21:00実技

自己紹介から始まり、ドイツサッカーの話しと宣伝がちらほら。
講義を聞いている感じでは、日本の守備と全く違うので実感というか、本当にこれやってるの?という感覚。
そして実技に入り、いざ自分で体感してみて、違い過ぎる守備の仕方に全くはまらず、騙されたと思ってやってみて欲しいという事を言われましたが、本当にそんな感覚でなければ教えようとは思わない守備の仕方でした。

でも講師の言う言葉の一つ一つはとても考えさせられるものがあって、日本の守備は『ゴールを守る』、ドイツの守備は『ボールを奪う』という部分であったり、日本では『チャレンジ&カバー』だけど、ドイツでは『チャレンジ&アタック』なんだよ。と言うはなしなど、考え方の違いに面白みを感じました。

ドイツの守備では『数的優位で奪う』というのが主流らしく、その話の最後に言っていた『数的優位で奪うと数的優位から攻撃が始まる』という発言にはビビっときましたね。

練習も『奪う』で完結することなく、『奪って→攻める』までのメニューの中で『→』の部分をとても大切にしていました。『攻守』が変わる『切り替え』の部分ですね。


講習会が終わり最後に質問の時間。

とても面白かったのが、『日本のU-15とドイツのU-15の違いはどんなところですか?』の質問に対してのアンサー。

その人自体は日本のU-15をあまり見ていないのでサッカーの内容的な部分はあまり比べれないと言っていたのですが、『日本のサッカーはスポーツではなく体育』という答えに、自分も見直さなければいけないなと感じました。

日本のサッカーは、相手の弱い所につけ込むことを『ずるい』と言い、『良くない事』だと教えてしまうと。
海外ではもしフィールドの中に1人でもスキがある選手だったり、ミスマッチが起こればそこを徹底的に狙って勝ちに行くと。

それがスポーツの『ずる賢さ』という勝つための知恵であり戦術眼になるのに、日本ではスポーツにおいても『教育』であり『体育』であるから、傷口に塩を塗るようなプレーは褒められず、そういう強さが育たないと。


たしかにな~
と同時に、分かってはいるけど、日本全体の仕組みが変わらないと難しいのかな?と思ったり。。。


そんな日曜日でした。





そして月曜日は
現FC・バルセロナU-15監督である、カルラス・マルティネス・ノヴェル氏の講義を。

テーマは『ポゼッション(保持→前進→フィニッシュ)』でした。

最近バルセロナのサッカーを一番見ているので、中学生年代含め、どんな事を伝えているのかとても楽しみにしながら講習会に参加しました。


前日と同じ流れで講義を聞いて、この日は中学生に対しての指導実践を外から見学するという流れでした。


講義は正直、高校時代のコーチにバルサの話をたくさんしてもらっていたので、まさにその通り。という印象でした。
ただこれは面白いなと思ったのは、『4つの優位性』のお話。

スペイン語?で書かれていたので通訳の方が言っていた表現になりますが、バルサでは4つの優位性を意識していると。

一つ目が『ポジション的優位性』
正しいポジションに立っていれば、それだけで相手にとって優位な状況からスタートできると。

二つ目が『マッチアップしている相手との差(優劣)の優位性』
各ポジションで、明らかにマッチアップしている相手とのレベルの差があれば、そこを使えば必ず優位にたてると。

三つ目が『数的優位性』
ある一部分をくり貫いて考え、数的優位の状況を作れ(イメージ出来)れば簡単に優位に立てると。

そして四つ目。
これが一番考えた事のない発想でしたが、『二人の関係の優位性』というもの。

WCCFというゲームセンターにおいてある、サッカーのアーケードゲームで見たことある『黄金連携』みたいなイメージです。

同じサイド、近い距離など、選手二人の連携が素晴らしいペアが出来ていれば、数的に同数でも優位にたてると。


面白いな~と。
勉強しに行ったわけですが、やっぱり自分が知らない事を知れるってとても面白いしワクワクしますよね。



二日間講義を受けて、日本のサッカーは『考えさせ判断させる』。海外のサッカーは『選択肢を与え自分で選ぶ』という似ているようで全く違う教え方に衝撃を受けました。

練習も最初から何パターンかの答えを伝えてからその練習が始まり、その中で自分で選ぶという『判断』というより『選択』。
サッカーに答えは無いと思いますが、起こりうる可能性の高い状況を切り取り、勝率の高い選択肢を伝え続けるという練習を幼いころからずっとやっているそうです。

そしてチームのモデルとなるトップチームの試合をテレビで見ているから、イメージも沸きやすい。
海外の強豪チームはそういう一貫性をもってトレーニングをしているそうです。




長くなってしまったので終わろうと思いますが、勉強は楽しいですね!!!!
新しいイメージと共にまた精進していきます!!!!



[PR]

# by yokohamagsfc | 2017-07-20 12:04 | Comments(0)